ヘッダバイパス[j]ump
liberal-shirakawa.net 白川勝彦 Webサイト (HOMEへ)
白川勝彦へメールを送る
永田町徒然草を閲覧しています
自薦論文を閲覧しています
白川文庫を閲覧しています
フォトエッセイ即写一言を閲覧しています
プロフィルを閲覧しています
リンクを閲覧しています
永田町徒然草
自薦論文
白川文庫
フォトエッセイ 即写一言
プロフィル
リンク

HOME > 白川文庫 [l] > カツヒコ・アラカルトTOP[f] > ごごばん! デイリースペシャル > 2011年8月23日 (第29回)

白川・上柳 放送対談中の表情写真

ごごばん! デイリースペシャル 〜法律クリニック〜 2011年8月23日 火曜日 (第29回)

テーマ
「おまとめローンで借金を一本化。債務整理は出来ますか?」

話者名話の内容
上柳ラジオの前のあなたの「法律の問題」についてお話をうかがいます、「ごごばん!法律クリニック」。スタジオにはお馴染み、「白川勝彦法律事務所」所長、弁護士歴39年の白川勝彦弁護士です。宜しくお願い致します。
白川宜しくお願い致します。
増山
・堀
宜しくお願い致します。
話者名話の内容
上柳今週のごごばんは「どん底人生 奇跡の大逆転! 生きるヒントがここにある!」と題してお送りしているんですが、このコーナーでよく取り上げていただいている債務整理というお話も、新しい人生のスタートを切る一つのきっかけになるかもしれませんよね。本当にね。
白川そうですね。先ほどの話も良かったですし、とくに、昨日の三輪さんのお話を聞きましてね、感激しましたよ。
上柳三輪さんのね。
白川どなただって、どん底という時期があるんじゃないでしょうかね。多額の借金を作ってしまって、その返済に四苦八苦している ─ その時期というのは、間違いなくその人にとっては、人生のどん底時期だと思いますね。そういうのを、相談に乗ったりお手伝いしている私は、この債務整理という仕事を大事な仕事だと思って、一生懸命やっています。
上柳ぜひ今日も、ラジオの前のあなた、一人で悩んでいるという方、白川先生の話を聞いて、色々ヒントをつかんでいただきたいと思います。早速、今日の相談内容ですね。今日は、匿名の男性の方から頂きました。
増山
私は以前、銀行のおまとめローンを利用して借金を一本化しました。なんとなく返済のめどが見えたのですが、借金をまとめたことで、返済期間が長期化してしまったこともあり、ここへきて再び返済することが厳しくなってきました。いまさらですが、債務整理を行って新たなスタートを切りたいと考えるようになったのですが、そういうことは出来るのでしょうか?
上柳おまとめローンをやって、しかしながらというお話なのですが。こういったご相談も多いんでしょうね。
白川そうですね。3〜4年前ですかね、このおまとめローンというのが大流行したときがありましたね。そして、おまとめローン詐欺といってね、おまとめローンしてくれるところを紹介しますよと言って30万とか50万とか取られる詐欺まで横行しました。
ところがまた最近、聞かなかったんですが、また増えてきたんですね。それは、例の年収の3分の1しか貸せなくなった…貸金業者はね。ところが、銀行の方はその3分の1規制がないもんですから、『どうですか。銀行から借りて、おまとめローンしませんか?』というのが、また増えてきているんですね。
上柳さて、今日はどういう風に、この方の人生をね…
白川たぶん、この人の場合は最近のケースじゃなくて、今、私が話した3〜4年前のケースなんだと思うんですね。
その当時はですね、普通の貸金業者は28%という高い金利でした。ところが、銀行のおまとめローンというと、法定金利が15%からちょっと低い14.5%くらいで …… 一例をあげれば、5社から300万借りていたと ─ 28%ですよね。それを300万借りて、貸金業者に全部返して、あと300万を14.5%ぐらいで返す、と。金利が、もう13%くらい安くなってくる。これで債務整理が出来るんじゃないかという事で、皆走ったんですね。
上柳まぁ、思いますよね。
白川ところが、これは一つの見てきた例なんですが、だいたいおまとめローンするとですね、1年後ぐらいに、例えば300万の借金が、600万くらいになってます。
えー!
白川なってるんですよ。なぜか、そういうケースが圧倒的に多いですね。前にもお話しましたかね。
それは、金利分ですか??
白川300万借りて、お返ししますよね。返してもらった業者は「あなたいい人ですね」と、優良債務者になるわけですよ。だから、また借りに行くわけですよね。借りに行けば、優良債務者だからまた貸してもらえる。
上柳そういうことですね。
白川ところが、やっぱりおまとめローンは300万残ってるし、あらたに300万借りるから…そうすると600万くらいになってるケースが。
別に法律上の理屈じゃないんですけどね。ところが、結局、借金地獄というのは、何が原因かというとですね、一つは借金の額なんです。
例えば、5万とか10万、人から借りたとかなんて、大したことない。 やっぱり自分の収入と見合って、借金の額が大きいというのが一つの、なんといっても第一の敵ですよね。
もう一つは、やっぱり金利なんですよね。ですから、300万だって14.5とか15%じゃキツイですよね。それが、さっき言った通り、倍になってしまうと。それに14.5%つけられたらキツイですよ。
私どもの弁護士の仕事というのは、やっぱり、この借金地獄からなんとか救いだそうとしているもんですから、『なんとか借金の額そのものを少なくできないか』ということを、まず考えます。
ぎりぎり減らしたとしても、それでもまだやっぱり金利が残っている場合、金利をつけない方法を考える。その二つの事を中心に、結論から言ったら、なんとか借金地獄から抜け出すというのが、我々弁護士の主たる二つの眼目なんですね。
ですから、おまとめローンをしたというご質問の方ですけども、まず、もともと高い金利の所をおまとめで返したんですから、返した業者にはですね、過払い金が十分、100%してることが多いんですね。ですから、それは返してもらえる。
10年前という人は少ないでしょうから、10年以内だったら、完済した業者から過払い金を返してもらえるというのもできますし。
さっき言った通り、また借りてしまったという人もいますよね。その人の場合は、借りたとしても、元の借金の時にすでに過払い金が出てますから、実際は100万借りたと思っても、ほとんど0円になっているというケースがありますから。おまとめローンした債務についても、いくらでも債務整理は出来ます。
それから、肝心要の、おまとめローンをする元金を貸してくれた銀行に対しても、額が多く返せない場合、まず金利は勘弁してよということで、金利を付けないように出来ますし。
上柳銀行と交渉して。そうなんですか。
白川それは大体、銀行もOKしてくれますけどね。長期分割にして、かつ、やっぱり額そのものが大きい場合は、個人再生とか法律を使えば、債務の額そのものを5分の1くらいに圧縮できるわけです。
だから、おまとめローンをした後の債務もいくらでもできますから。大丈夫ですね。
まぁ、借金というのは重いという、この前、私のパンフレット見せましたけどね。本当に人生の色んなどん底というのは、そこから立ち直る機会はないわけじゃないけども、借金と言うのはやっぱり気持ちを切り替えたくらいじゃダメなんですね。
なんか気の持ち方によって ─ 例えば、離婚だとかなんかは、自分の気持ちを変える事によって解決するかもしれないけど、借りてしまったものをなんとかするというのは大変なんですよね。
だから、確かに借金は重たいんですけども、ただ、僕がいつも言っているのは、『借金を作ってしまったことは、仕方が無いことなんだ』と。なんかの事情があって作ったんだから。ただ、それは何らかの形で解決する道は必ずあるんだから、その借金とどのように立ち向かうかが、僕は一番大事なんだ、と。
上柳目をそむけて、無いようなことにすると、えらいことになっちゃうよ、と。
白川我々弁護士が、いくらでも、その人にとって一番いい方法を考えますから。だから、借金と立ち向かうことが一番大事なんだということを、この借金問題で悩んでる方に、特に僕は、強く言いたいですね。
上柳どん底人生 奇跡の大逆転! これは、奇跡じゃなくて、ちゃんと知恵と経験があれば解決する道はあるということでございました。白川弁護士です、どうもありがとうございました。
白川ありがとうございました。
増山
・堀
ありがとうございました。

上柳昌彦氏・ 増山さやか氏 = ニッポン放送アナウンサー / 堀ちえみ氏 = タレント曜日パートナー (文中敬称略) | 第28回 | TOP[t] | 第30回

ごごばん! デイリースペシャル 提供 白川勝彦法律事務所 ごごばん! デイリースペシャル 火曜日 出演 白川勝彦

白川勝彦OFFICE   

借金問題・民事・刑事 … 弁護が必要な時は、暮らしと権利を守る 白川勝彦法律事務所

Valid XHTML 1.0 TransitionalValid CSS!Level Triple-A conformance icon, W3C-WAI Web Content Accessibility Guidelines 1.0

Copyright©K.Shirakawa Office 1999-2012
Web pages Created by DIGIHOUND L.L.C. All Rights Reserved ©1999-2012