ヘッダバイパス[j]ump
liberal-shirakawa.net 白川勝彦 Webサイト (HOMEへ)
白川勝彦へメールを送る
永田町徒然草を閲覧しています
自薦論文を閲覧します
白川文庫を閲覧します
フォトエッセイ即写一言を閲覧します
永田町徒然草
自薦論文
白川文庫
フォトエッセイ 即写一言
プロフィル
リンク

06月24日   安倍首相、一寸おかしいぞ!

No.1915

今日、安倍首相が神戸市で、また頓珍漢でとんでもない発言をした。こんな首相の発言や言動にまともに言及することが、馬鹿らしくなってきた。NHKも、こんなニュースをわざわざ報道する必要はないであろう。……

全文を読む »

06月15日   強大な“極右政党”が、支配する日本。右翼反動勢力が跋扈したこの間の国会の姿を国際的に見ると…。

No.1912

安保法制の成立の過程を目撃した者として、テロ等準備罪(共謀罪)の成立は単純に予想される事であった。だから、私はこの問題に触れなかったのだが、それにしても物には手順というものがある。法務委員会の採決を跳び越えて、いきなり参議院本会議で可決・成立させるとは、あまりにも酷過ぎる。右翼反動勢力の跋扈、ここに極まれりだ。……

全文を読む »

05月20日   空母ドナルド・レーガンが日本海に。

No.1908

イランの大統領選挙で、穏健派と言われるロウハニ氏が再選された。イランは、中東で大きな影響力を有する大国である。トランプ大統領は、欧米各国が長い間かかって、築き上げた核問題を中心とする諸合意に異論を唱えていた。イランにも強硬派がいる中で、イラン国民は穏健派のロウハニ大統領を再選したのだ。アメリカと日本を除き、世界の大勢はリーズナブルな道を歩んでいる。それが、現在の国際世論である。…



全文を読む »

05月14日   いまカール・ヴィンソンは…?

No.1907

いま空母カール・ヴィンソンは、何処で何をしているのだろうか。毎日、相変わらず北朝鮮情報や韓国情報が山ほど報じられているに、あれだけ騒がれたアメリカの空母カール・ヴィンソンは、どうなっているのか? 日本のマスメディアでは、全く報道されない。これは軍事秘密だから、そうなのか。空母カール・ヴィンソンの周りを撮影すると、撃墜されるのか。……

全文を読む »

04月30日   旅に病んで夢は枯野をかけ廻る

No.1904

旅に病んで夢は枯野をかけ廻る

今回体調不良で入院して以来、芭蕉のこの俳句が私の心から離れない。芭蕉は、俳句の極致を求めてその生涯を尽くした。その最中に、病に倒れた。その病中で詠んだ句だという。芭蕉にとって、俳句の極致は旅をする中ではじめてみることができたのではないか。その旅ができなくなって、俳句の極致に近づけないので、悶々として読んだのではないだろうか。……

全文を読む »

04月25日   近況報告

No.1903

暫らく、永田町徒然草の更新を休んでしまった。一寸、体調を壊してしまったからである。入院を余儀なくされてしまい、パソコン等を病室に持ち込めなかったため、暫らく発信ができなかったのだ。もう退院出来たので、安心して欲しい。……

全文を読む »

04月01日   森友疑獄で右往左往する安倍政権は、国益を大きく損なっている。その理由は。

No.1902

国会議員としてアメリカやヨーロッパを訪れた時、その国の政治家から「日本のアイデンティティ(identity)とは、何ですか?」と、よく問われた。私は躊躇なく「アジアの中で、いちばん早くヨーロッパやアメリカから立憲主義や自由主義を学び、そのような国を作ろうとしてきたことです」と答えてきた。そして、その水準も、アジアではいちばん高いと私は信じていた。少なくとも戦後の日本は、そのような矜持をもって国づくりに努力してきた。日本国憲法の存在が大きな役割を果たしてきたことは、言うまでもない。……

全文を読む »

白川勝彦OFFICE   白川勝彦へメール送信 ]

Valid XHTML 1.0 TransitionalValid CSS!Level A conformance icon, W3C-WAI Web Content Accessibility Guidelines 1.0

Copyright©K.Shirakawa Office 1999-2016 - Web pages Created by DIGIHOUND L.L.C. All Rights Reserved ©1999-2016
Powered by Nucleus CMS. Page designed by James Koster.Ported to Nucleus by Joel Pan. Re-design and adjusted by DIGIHOUND L.L.C. © 2006-2016