ヘッダバイパス[j]ump
liberal-shirakawa.net 白川勝彦 Webサイト (HOMEへ)
白川勝彦へメールを送る
永田町徒然草を閲覧しています
自薦論文を閲覧します
白川文庫を閲覧します
フォトエッセイ即写一言を閲覧します
永田町徒然草
自薦論文
白川文庫
フォトエッセイ 即写一言
プロフィル
リンク

02月06日   表現の自由と清原報道

No. 1810

現代の政治戦においては、マスコミがどう動くかによって、情勢・勝敗が大きく変わる。だから、あらゆる権力は、マスコミを味方に付けることを狙っている。非自由主義国家では、マスコミは国家の支配下にある。しかし、自由主義国家においては、表現の自由という、権力にとっての大きな壁がある。表現の自由を否定する体制は、もはや自由主義国家の範疇に入らない。従って、マスコミに対する介入は、微に入り細に入り行われる。……

全文を読む »

06月18日   マスコミが橋下と安倍に拘る理由

No. 1754

安倍首相と橋下徹大阪市長が会談(怪談?)したことのバカらしさについては、前号の永田町徒然草No.1753「不可解で頓珍漢な安倍の動き」で書いた。政治的には、全く意味のないクダラナイものである。それなのに、マスコミはこれを“しつっこく”後追いしている。その理由を述べよう。そうすると、わが国のマスコミの酷さ加減が浮かび上がってくる。……

全文を読む »

02月14日   ちょっと一言

No.1651

都知事選の期間には、かつてのように、永田町徒然草を頻繁にupdateした。しかし、私も都知事選にばかり関わっている訳にもいかないので、普段に戻りたいと思っている。それにしても、久々に私を熱くさせた選挙であった。それは、安倍首相とそのお仲間が日々行っている政治に、私自身、腹の底から怒りを覚えているからであった。こんな政治を続けていったら、これまでの日本とは明らかに違った国に変質してしまう。それで良いと、国民は本当に考えているのだろうか。……

全文を読む »

01月29日   マスコミ vs. インターネット

No.1642

通常国家が始まり、安倍首相の所信表明に対する代表質問がテレビ中継されている。その答弁を聴いていると、安倍首相の思い上がりと能天気さが、良く分かる。こんな首相を多くの国民が支持しているというのだから、国民にも大いに問題があるような気がする。上も下もおかしくなれば、この国は本当におかしくなる。だが、国民はいまは何もできない。こういう流れにストップをかけようと立ち上がったのが、細川護煕都知事候補なのだ。……

全文を読む »

04月22日   その顔と目を見よ。

No.1432

舛添氏が今日あたり自民党を離党し、“新党”を立ち上げるという。これに参加が予定されている国会議員は、全員が自民党国会議員だった者ばかりである。別に自民党国会議員だったことを悪いとは言わないが、なぜ自民党に入りなぜ自民党を出たのかくらいはハッキリさせた方が良い。彼らが所属した時の自民党は政権党だった。「政権党だから自民党に入り、政権党でなくなった自民党から出た」というのは単純に見て不純な動機と思われても仕方ない。……

全文を読む »

10月01日   『翔べ! 鳩山由紀夫』第二刷!

増刷版書籍イメージ

No.1304

『翔べ! 鳩山由紀夫』は、先の総選挙で民主党や国民が勝利のために発刊した著書であった。だから総選挙に間に合わせることが至上命題であった。発刊を決断してから著書が出来上がるまで2週間以内しかなかった。本作りは昔に比べ格段と早くなったが、それでも2週間以内に書店に並べるということは至難のことであった。今回第二刷が出来上がった。写真は、『翔べ! 鳩山由紀夫』の第二刷である。……



全文を読む »

08月28日   この終盤戦になぜ…!?

No.1272

やはり日本のマスコミ(特にテレビ)はおかしい。日本で初めて政権交代が起こるという歴史的時期に、新型インフルエンザと女優酒井法子などの覚せい剤事件と学力テストのニュースを大々的に報道している。……

全文を読む »

白川勝彦OFFICE   白川勝彦へメール送信 ]

Valid XHTML 1.0 TransitionalValid CSS!Level A conformance icon, W3C-WAI Web Content Accessibility Guidelines 1.0

Copyright©K.Shirakawa Office 1999-2016 - Web pages Created by DIGIHOUND L.L.C. All Rights Reserved ©1999-2016
Powered by Nucleus CMS. Page designed by James Koster.Ported to Nucleus by Joel Pan. Re-design and adjusted by DIGIHOUND L.L.C. © 2006-2016